引越し洗濯機

『洗濯機だけの引越しって料金安くなるの?』

 

もちろん、安くなりますし
費用を節約するためにとっても賢い方法です。

 

 

けど、
洗濯機だけの配送といっても、いまいち料金が分かりにくいですよね。

 

こんな時こそ、無料の引越し一括見積もりを有効的に活用してみましょう。

 

 

 

引越し価格ガイドなら、最大手も参加しており、概算価格まで分かります。

 

実際に、大手業者が提示する料金を知ることは相場目安の確認として無駄にはなりません。

 

 

 

最安値って見つかるの?』

 

実際に、複数の見積もりを取ってみると、倍以上高かったり半額以下であったりと各社提示する料金が全く違うのが現状です。

 

 

それに、洗濯機だけの引越しといっても、ホースの取り外し、取り付け作業、養生から引越し先での設置作業などやってもらう事がたくさんありますよね?

 

そういった事を全部お任せした上でもっとも安いところを見つけるべきです。

 

 

もったいないですよね。
せっかく安くしてくれるところがあるのに、高い業者で決めてしまうのは。

 

 

同じ条件でもっとも安い業者はどこなのか見つける為には、複数の業者で比較するしかありません。

 

その料金を賢く節約するためにあるサービスが引越し一括見積もりなんです。

 

入力はかんたん1分。全国に対応しており利用料は全て無料なので、この機会に一番安い引越し業者を見つけてみてください!。

 

大手〜地元の激安業者まで210社以上が参加中!

 

洗濯機の引越しでやること

無事、引越し業者が決まったら洗濯機の事前準備としてやることは、
  1. 前日までに水抜きを行う。
    (給水ホースを外し洗濯機内部と排水ホースの脱水をし、最後に排水ホースを外す。水分は全て排出し、残った水滴は雑巾で拭きとる。)
  2. 当日の運搬時は横にして運ばない(自力の場合は確認)
    (ドラム式の場合、輸送用ネジでドラムを固定する。ネジがないと故障の原因となるため運搬不可の場合あり。)
  3. 取り付け作業は、先に排水ホースを排水溝に差し込み、給水ホースを差し込む(防水盤の設置も忘れず行う。)
  4. 取り付け後は水を一気に出さず、ホースから水もれが無いか確認する。
  5. 故障(大きな異音や振動、水がたまらないなど)が無いかの確認を行う。保証が利くのは引越し日から通常3ヶ月以内。
です。

業者に依頼される方は水抜きと設置後に故障が無いかの確認作業だけを行う流れになります。(他はすべてお任せでOK!)

また、引越し先で洗濯機を設置するスペースの確認を運搬前に行って下さい。給水・排水ホースの位置確認、玄関から廊下の搬入経路の確認も念のため行っておきます。

どうして洗濯機だけでも引越し業者を利用するの?

重たい家電や大型荷物の場合、当日現場に行ったら荷物が入らなかったというトラブルが多いのですが、
もともとの運搬スキルが高いため、出入り口が狭く搬入が難しい場所や場面に遭遇した場合でも柔軟に対応が可能、建物や荷物の養生まで抜かりが無いというのが大きな理由です。

 

運搬以外にも、設置からホースの取り付けまですべてお任せできるのは当然のこと、急きょ梱包資材が必要になったり、当日に不用品の処分が必要になったりすることも良くあるのですが、そういった突然の有事にも頼りになります。

 

現在では、運搬の難しい冷蔵庫などの家電製品をまとめて運ばれる方も増えてきておりますが、
引越し業者はトラックサイズで料金を算出する為、少しの荷物が増えたところで料金に大きな影響は出ないといったことが大きな理由です。

 

肝心の費用面ですが、昔に比べると今は価格比較が主流になってきている為、最初から低価格を提示、格安での引越しが可能となります。
たとえ、近い距離でも少ない荷物でも引越し業者は運んでくれるので遠慮せずに一括見積もりを利用して一番安いところを探してみましょう。
もちろん依頼するのは条件が合った時にだけで大丈夫です。

洗濯機を運べる業者ってどこ?業者選びのポイントは?

洗濯機は運送業を営んでいる業者であれば運搬は基本的に可能です。
引越し業者以外には、運送業者や軽貨物業者が該当します。
また、業者内ではこういった家電のみの配送プランも充実してきており、代表例では全国対応のヤマトホームコンビニエンスのラクラク家財宅急便、佐川急便の単品輸送プランから、ダック引越センターでは同市区内に限られますが、家具家財のみプランなど様々な業者が多面的にサービスを展開しています。
ただし、ドラム式では80kgを超える大物家電もあり、横積みや横向き運搬は不可のルールに加えて搬出元・搬出先の立地条件や搬入経路を見れば、サイズや重量によっては配送できないケースがあるので事前の業者見積もりと打ち合わせは必須になります。
料金の大本となる人件費や運賃の違いは確かに異なりますが、運搬後の洗濯機の故障に対する保証の限度額や対応も業者によって変わってきます。配送前には洗濯機を専用資材で梱包する事は重要になり、引越し先の設置場所や廊下、玄関などには場合によっては傷が付かないよう保護する養生の対応も業者選びには大事なポイントとなります。
料金が合わないといった理由で自力で引越しを行うと、下手に運んでしまい運搬後に壊れる可能性は否めませんので、予算の許す限り専門業者に依頼される事をお勧めします。