引越し洗濯機故障

故障が分かったら、出来るだけ早く対処する

引越しをするときには、どうしても家電製品のような精密機械に衝撃が伝わってしまいます。

 

そのため、特に手荒な扱いをしたり、落としたりぶつけたりしていないような場合であっても、新居に設置して電源を入れてみたら正常に作動しなくなったというケースは珍しくありません。

 

冷蔵庫もこのような状況になることは多いですが、洗濯機もコンピューター制御で動いているものがほとんどですので、故障したというトラブルは全国的にみてもかなり多いです。

 

 

業者に依頼して搬入や搬出、設置などをしてもらった場合には、業者に対応してもらうことができます。

 

 

この場合、引っ越す前から調子が悪かったかどうかということがネックになってきますので、傷に関しては梱包前に写真を残しておき、家電製品の場合には正常に動作することを確認してから梱包してもらうなど、自分でできるトラブル対策はしておいた方がよいでしょう。

 

 

業者によっては保険に加入しておらず、搬送中の破損や故障などについて対応をしてくれないこともありますので、業者選びの時にも対応が誠実なところを優先的に選ぶのが無難です。

 

自分で運んだり設置したときに起きた不具合は自己負担になりますが、まずは製品を購入した家電店などに連絡をしてみましょう。

 

 

遠方に引っ越している場合には、メーカーに直接問い合わせをします。

 

 

症状を聞かれますので、できるだけ正確に答え、対応策を指示されますのでそれに従って作業しましょう。

 

 

それでも直らなければ、家電店もしくはメーカーから作業員が派遣されてきますので、日時の打ち合わせをしてみてもらいます。

 

 

保証期間が過ぎている場合には見積もりを渡されますので、修理費用に納得いけば依頼して、高額であれば買い替えも検討しましょう。