引越しで洗濯機の取り外しから設置

洗濯機の引越し準備から設置まで

引越しをする際、洗濯機の取り外しや設置は、業者さんが行ってくれる場合が多いです。

 

ただ、行っている人は引っ越し業者とは別の、洗濯機担当の方という場合があり、その人件費は別料金になっている事もあります。

 

いわゆるオプションとして別料金がかかるので、それならば、自分で取り外しや取り付けは行ってしまったほうがコストを抑えることができます。

 

引越し時に洗濯機を運搬する場合、いくつか準備すべき点があります。

 

まずはトラックなどで移動させることを考え、しっかりと水抜きしておかなければいけません。

 

この作業は洗濯機の種類に関わらず行う必要があります

 

 

洗濯機は内部に常時水が溜まっているため、そのまま移動させてしまうと水漏れしてしまいます。

 

 

搬出時に床が水浸しになるだけではなく、運搬中のちょっとした衝撃で段ボールや家具が濡れてしまうこともあるので気をつけましょう。

 

引っ越し前の準備

 

@水抜きの際は、最初に蛇口をしっかりと閉め、電源を入れて脱水を選択します。

 

これが終わると洗濯機の内部の水がほとんど抜けた状態になります。

 

 

 

Aこれらの作業が終わったら洗濯機の電源をオフにし、電源コードを抜き取ります。

 

 

 

ショートしたり故障につながるおそれもあるため、必ず本体の電源は切ってください。

 

 

 

これは、給排水ホースを抜く前に作業する必要があります。

 

 

 

B電源コードを抜いたらまずは給水ホース(蛇口側)を抜き、排水ホースを抜いたら準備は完了です。

 

 

 

各ホースの中に水が残っていることもあるので、しっかり抜き取っておきましょう。

 

 

 

C洗濯機内に水分が残っているならタオルで拭き取ります。

 

 

 

給排水ホースやゴムパッキンは、洗濯機の中に入れておくと無くさずに済みます。

 

 

 

D電源コードも本体にビニールテープで固定しておくと良いでしょう。

 

 

洗濯機は大型のため梱包する必要はありません。

 

 

水抜きさえしっかりできていれば、水漏れなどのトラブルが起きることもなく運び出せます。

 

 

直前に行うと水の残りが不安という場合は、数日前に行い、その間の洗濯は控えるか、コインランドリーなどを利用して行いましょう。

 

 

 

次に引っ越し先での設置方法です。

 

付属の説明書やメーカーのホームページに方法が記載されている事もありますので、手元に置いて1つの作業ごとに確認しながら行いましょう。

 

大まかには次の流れになります。

 

 

@まず、排水ホースを排水溝に差し入れます。

 

 

A次に給水ホースを差し込みます。

 

給水ホースの場合は、ホースの周りにあるネジを締めるためドライバーが必要となります。
ネジにあうドライバーを準備しておきましょう。

 

 

B次に水道の栓を開いて、給水ホースから水漏れをしていないか確認します。

 

水漏れがないようにするためにも、ホースは給水、排水ともにしっかりと差し込んでください。

 

 

 

C続いてアース線をつなぎ、電源コードをつなぎます。
製品によっては、電源を入れないと給水されない事もあるので、その都度順番は変わります。

 

 

D設置が一通り終わったら試験運転をします。

 

 

以上で引っ越し時の洗濯機の取り外しから設置までの工程は終了です。