引越しで洗濯機を横にして運ぶのはダメ!

洗濯機は横倒し運搬がダメな理由

 

 

全自動洗濯機の場合、洗濯機の内部は洗濯槽が吊り下げられた状態になっています。

 

 

このため洗濯機を横にして運搬しようとすると、吊り下げられたパーツが取れたり破損したりといった問題が考えらるために、横にして運んではいけないと言われているのです。

 

内部軸がずれてしまい、異常回転が起きる要因となります。結果、上手く回らず音がゴゴゴとうるさくなる。)

 

引越しなどで洗濯機の移動が必要になったときには、立てて水平のまま移動させるように気をつけましょう。

 

 

ドラム式洗濯機の運び方も同様に横倒し厳禁ですが、輸送用のネジを装着し、ドラムが回転しないように固定します。
そして設置後には必ず外すように注意して下さい。

 

 

これらを知らずに運搬してしまうと、買ったばかりの洗濯機なのに調子が悪いなんてことにもなりかねません。

 

 

頑張って自力で運び壊してしまうよりも、専門業者なら安く運べるところも沢山あります。

 

 

 

 

また洗濯機を車で搬送する場合も「横積み」は禁止されています。

 

そして箱の上と下についてもしっかりと確認し、上面と書いてあるほうが上にくるように搬送することも大切です。

 

 

横倒しにせずに搬送をした場合でも、その過程で洗濯機が大きく揺れるようなことがあると、洗濯機の内部に問題が起きる可能性もありますので、運転の仕方にも是非注意していきましょう。

 

 

 

ちなみに二槽式洗濯機に関しては、横にして運んでも性質上問題は無さそうですが、二槽式洗濯機は今はほとんど見かけなくなっているので、多くの場合洗濯機の移動では水平性を保つことが求められます。

 

 

 

洗濯機を車で運ぶのは専門業者が担当することが多いためさほど気にはしませんが、室内で移動させるときには自ら洗濯機を運ぶこともあるでしょう。

 

そんなときには是非今回のポイントを思い出し、縦にして運ぶということ気を使ってください。